読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美夜島から見た風景

アニメや漫画の感想や、アニメの聖地巡礼、旅行記、居酒屋探訪などを記した雑記帳。

第2回 徒歩の旅(藤沢市・江の島) その4

さらに南下し、善行の坂を降ります。

f:id:rino_saki:20151121164814j:plain

国道1号線との交差点。ここから藤沢の市街地が広がります。藤沢市内は鎌倉時代の源義経に関係している史跡が多く、それを目的に来る観光客の姿が多くみられます。

f:id:rino_saki:20151121165221j:plain

藤沢駅前は人口42万人の藤沢市の中心駅だけあって、大型商業施設が立ち並びます。横浜へは東海道線で20分程ですが、横浜まで行かなくても生活ができる独自の商業圏が形成されています。

f:id:rino_saki:20151121165520j:plain

境川。海に向かってカヌーが進んでいきます。この辺りになると、お店も湘南風(サーフボード店など)が増えてきて、海風に乗って磯の香りもするようになります。時間の流れが他の住宅地とは違うゆったりしたものに感じられるのも湘南の住宅地の特徴だと思います。

f:id:rino_saki:20151121165819j:plain

湘南モノレールの湘南江の島駅!片瀬山をトンネルで抜けてくるので、高い位置に駅があります。湘南モノレール大船駅から江の島を結ぶ路線で、懸垂型のため浮いているような車窓が楽しめる上、坂やトンネルを高速で駆け抜けるのでジェットコースター気分も味わえますw江の島観光の際には、江ノ電もとても良いですが、湘南モノレールで訪れてみるのも良いと思います。

f:id:rino_saki:20151121170156j:plain

路面を走る江ノ島電鉄江ノ電藤沢駅から鎌倉駅を結ぶ路線で、住宅街すれすれを通り抜け、路面を走って車と並走し、七里ヶ浜の海岸から相模湾の絶景を望み、極楽寺の山を登っていくなどなど、見どころたっぷりで乗っているだけでも楽しいです。鎌倉・江の島観光のシンボルのひとつです。

f:id:rino_saki:20151121170628j:plain

江の島に到着!足の疲れはへとへとでしたが、江の島を観たら疲れが吹き飛びましたw晴れた日の江の島と波音は、絶景です。心がさわやかになります。夏は海水浴客で溢れているので、空気も澄んでいる秋から冬がおすすめです。春は春の日差しと南風(時折暴風)を身体中に感じることができるのでおすすめですw逆に感傷に浸りたいときは、風雨が吹き付けあまり人も歩いていない日もおすすめだったりしますw

f:id:rino_saki:20151121171007j:plain

相模湾!穏やかな日差し、穏やかな波…大変落ち着きます。

f:id:rino_saki:20151121171216j:plain

三浦半島方面。江の島だけでなく、湘南から見る三浦半島も神奈川を象徴する風景のひとつです。

f:id:rino_saki:20151121171506j:plain

江の島大橋!江の島に続く唯一の道です。江の島はたくさんの作品の聖地となっていますが、個人的にはTARITARIの聖地という印象が一番強いですw次にハナヤマタ。

f:id:rino_saki:20151121171756j:plain

相模湾と富士山!富士山にはやはり海が似合う!多くの人がこの光景を絵にしたり写真に収めたいと感じる気持ちはよくわかります。それだけ心動かされる風景です。富士山が良く見える冬がおすすめです。日の出のときには、富士山が真っ赤に染まる「赤富士」も見ることができます。

f:id:rino_saki:20151121172018j:plain

江の島神社への参道!観光客で溢れかえっています。たこせんべいとしらす丼のお店には長蛇の列が。すっかり江の島の名物となっています。

 

その5へ続く…