読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美夜島から見た風景

アニメや漫画の感想や、アニメの聖地巡礼、旅行記、居酒屋探訪などを記した雑記帳。

熱海・伊東 その2

18時になり、夕食を食べに夕食会場へ。

f:id:rino_saki:20151130233143j:plain

伊豆のホテルなだけあって、カニなどの海鮮料理がメインに並びます!

f:id:rino_saki:20151130233205j:plain

そして伊豆といえば伊勢海老!口に入れた瞬間伊勢海老の甘さが口の中に広がり…たまりません。

f:id:rino_saki:20151130233443j:plain

伊勢海老以外にも新鮮なお刺身が並びます!量が多い!

f:id:rino_saki:20151130233511j:plain

伊豆のもう一つの名物、金目鯛の煮付!タレの味付けも絶妙で、金目鯛のふっくら感とおいしさも味わえます。金目鯛おいしすぎです。

f:id:rino_saki:20151130233407j:plain

アワビの鉄板焼き!あつあつのアワビをいただく…至福の時間です。

f:id:rino_saki:20151130233545j:plain

ご飯ものは金目鯛の釜めし!煮付と違って金目鯛の味をしっかりと味わえます。伊勢海老に金目鯛にアワビに天ぷらに茶碗蒸しに…とても贅沢な夕食です。

f:id:rino_saki:20151130233617j:plain

デザート!かなりおしゃれです。お腹もいっぱいになり、目でも癒され、最高です。

夕食を食べた後は、花火大会があるということで伊東駅へ。伊東駅から伊豆急行線に乗り伊豆高原駅へ、そこから歩いて八幡野港へ。

f:id:rino_saki:20151130233712j:plain

やんもの里花火大会!港町の地元密着型の花火大会ですが、約2000発もの花火が30分の間に打ち上げられるので、豪華です。音楽と花火の共演を楽しむことができます。この花火大会の特徴は、なんといっても花火との距離が近い!花火の光と音の迫力がすごく、身体にずっしりと響きます。

f:id:rino_saki:20151130233758j:plain

スターマインは空が明るくなるくらい一気に打ち上げられます。花火との距離が近いので、迫力がすさまじいですw終わってからも数分間は迫力と感動で立ち尽くしてましたw

花火が終わり、伊豆高原駅から伊東駅へ。伊東から花火大会を見に来た観光客が多く、ほぼ満員でした。伊東駅に着くと隣に品川駅行きがw花火大会を楽しんで日帰りで東京へ帰ることもできるんですね…都心に近い観光地の成せる業ですw

ホテルに戻り、お風呂へ。伊豆の温泉を楽しみます。露天風呂が野趣溢れていて良い感じでしたw

部屋に戻り、買い込んだお酒で朝まで酒盛りをし、就寝。1日目が終わります。

 

2日目、起きて朝食会場へ。

f:id:rino_saki:20151130233906j:plain

旅館の朝ごはんはどうしてこんなにおいしいんでしょうwあじの干物は伊東市内のお店のものらしく、大変美味でした。朝なのにごはんのおかわりをしてたくさん食べてしまいましたw

チェックアウトの時間まで二度寝し、10時過ぎにホテルを出発。伊東市内のお土産店などを周り、熱海へ。熱海にはお昼に着きましたが、かなりの観光客でにぎわっていました。お昼ご飯を食べに、歩いていて見つけた「味くら」さんへ。

f:id:rino_saki:20151130233942j:plain

さんまのなめろう丼!

f:id:rino_saki:20151130234014j:plain

あじの漬け丼!どちらも大変美味でした。夜のメニューも魅力的なものばかりだったので、今度は夜にも来たいお店ですw

熱海市内や海岸を歩いてまったりした後は、「大月ホテル和風館」さんの日帰り温泉へ。フロントから和の雰囲気が溢れていて、今度はこのホテルにも泊まってみたいw

f:id:rino_saki:20151130234044j:plain

受付を済ませ、少し離れたところにある温泉へ。綺麗で広く、こちらも和の雰囲気で溢れていて最高です。温泉も気持ちよく、露天風呂にずっと入っていましたw

温泉にも入り、熱海を満喫したところで帰路へ。帰りも熱海から小田原の間は渋滞が続いていましたが、心地よい疲れと夏の風景に癒されながら家に帰りました。東京から近い観光地でありながら、温泉も料理もしっかりと楽しめる、熱海と伊東の旅でした。

 

おしまい