読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美夜島から見た風景

アニメや漫画の感想や、アニメの聖地巡礼、旅行記、居酒屋探訪などを記した雑記帳。

中二病でも恋がしたい!聖地巡礼・石山(滋賀・京都旅行1日目) その4

近江八幡駅から琵琶湖線石山駅へ。

f:id:rino_saki:20160117182537j:plain

石山駅!台風が最接近している時間だったので運休しないか不安でしたが、無事石山駅に到着。「中二恋」こと「中二病でも恋がしたい!」の聖地巡礼に入ります。

f:id:rino_saki:20160117182633j:plain

青い床が鮮やか。

f:id:rino_saki:20160117182829j:plain

松尾芭蕉さん!芭蕉と言えば近江、近江と言えば芭蕉。中二恋にもちょっとだけ出演していますw

f:id:rino_saki:20160117183642j:plain

会話シーンや待ち合わせ場所など多数のシーンで使われたベンチ。六花ちゃんが見える!

f:id:rino_saki:20160117183816j:plain

紫式部さんも出迎えてくれます。石山は日本の歴史においても重要な地であったことが伺えます。

f:id:rino_saki:20160117184102j:plain

京阪石山駅!中二恋と言えば京阪電鉄

f:id:rino_saki:20160117184456j:plain

興奮してバスロータリーまで撮影しましたがこちらは特に舞台にはなっていなかったそうです…

f:id:rino_saki:20160117184625j:plain

京阪石山駅のエスカレーター!京阪石山駅は六花たちが通学に利用する駅となっています。

f:id:rino_saki:20160117184822j:plain

中二恋といえばやはり第1話の六花が電車の扉を開けるシーン!私の中で中二恋を象徴するシーンです。そのホームがこちら!六花ちゃんのドヤ顔が見える!

f:id:rino_saki:20160117185156j:plain

六花ちゃんも乗った京阪電鉄で唐橋へ!

 

その5へつづく…

近江八幡・八幡堀(滋賀・京都旅行1日目) その3

八幡堀や八幡宮八幡山周辺を歩きます。

f:id:rino_saki:20160117174234j:plain

麓から八幡山!比高が100mあるそうで、かなり急な山です。晴れた日は近江八幡の城下町や、琵琶湖を見渡すことができるそうです。

f:id:rino_saki:20160117174550j:plain

かわらミュージアム!瓦を利用した作品の展示がされていて、コーヒーを飲んだり休憩することができるそうです。堀沿いを歩くとこうした建物が建ち並んでいて、時代劇の世界の中に入っているような気分に浸れます。

f:id:rino_saki:20160117174953j:plain

八幡堀から。

f:id:rino_saki:20160117175308j:plain

雨に濡れた石畳。

f:id:rino_saki:20160117175413j:plain

この舟、気に入りましたw

f:id:rino_saki:20160117175540j:plain

明治橋!和傘を持った人に歩いてほしいw

f:id:rino_saki:20160117175721j:plain

突然のヤマノススメ八幡山ロープウェイではヤマノススメ展などが開催されていました。近江鉄道ヤマノススメとつながりの深い西武グループであることや、作品内でも伊吹山など滋賀県が取り上げられていることも関係しているそうです。滋賀県内ではスタンプラリーも開催され、関西でのヤマノススメの拠点となっている印象があります。

f:id:rino_saki:20160117180411j:plain

というわけで八幡山ロープウェーに乗りたかったのですが、早朝でまだ運行していなかったので断念…ヤマノススメ3期の聖地巡礼でまた来ます!

f:id:rino_saki:20160117180640j:plain

ロープウェイの八幡山方面。急こう配を登っていきます。

f:id:rino_saki:20160117180818j:plain

近江牛の誘惑と闘いながら近江八幡駅へと向かう途中に見つけた飛び出し坊や。とび松くんと言うそうです。かわいい。

 

その4へつづく…

近江八幡・八幡堀(滋賀・京都旅行1日目) その2

琵琶湖線に乗って近江八幡駅へ。

f:id:rino_saki:20160117165534j:plain

近江八幡駅に着くと、後続にびわこエクスプレスなるものが…

f:id:rino_saki:20160117165748j:plain

着席して通勤できる特急らしいです。スーツを着た方々や大きな旅行鞄を持った方々が乗り込んでいました。

f:id:rino_saki:20160117170855j:plain

近江八幡駅!ここから八幡山へ向かいます。

f:id:rino_saki:20160117170602j:plain

蔵と大きな木。近江八幡市内にはこうした歴史を感じる建物が多く建ち並んでいます。

f:id:rino_saki:20160117171007j:plain

日牟禮八幡宮の鳥居!木です。日牟禮八幡宮は創建が131年と伝えられている大変由緒がある神社です。境内も神聖さが漂っていて、早朝から宮司さんたちが熱心に掃除をされてました。

f:id:rino_saki:20160117171757j:plain

白雲橋!このあたりは「八幡掘」という人口の水路が通り、八幡山城築城から琵琶湖との水運で栄え、近江商人が生まれるきっかけとなった場所です。現在は市民の方々の運動により整備され、歴史を感じさせる風景が広がります。鬼平犯科帳暴れん坊将軍といった時代劇の撮影の舞台にもなっています。

f:id:rino_saki:20160117172350j:plain

歴史への階段!とてもワクワクする光景です。

f:id:rino_saki:20160117172553j:plain

江戸時代にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。たまらないです。

f:id:rino_saki:20160117172741j:plain

堀に浮かぶ木造の舟…素晴らしいです。この風景でお酒が一杯呑めます。時代劇に出てくるようなお酒の飲める蕎麦屋があれば最高なんですが!

f:id:rino_saki:20160117173033j:plain

鬼平犯科帳のEDが流れてきそうな雰囲気ですw

 

その3へつづく…